HOME > デイパークスの音「学」室 > 第4話 ナビゲーションの選び方

デイパークスの音「学」室

カーナビゲーションは大きく分けて2つの種類が存在します。
・HDDナビゲーション
・SDメモリーナビゲーション
上記の2種類です。
どちらを選ぶか考える際の参考になればと、記載致します。

第4話  ナビゲーションの選び方

2012年の春・夏モデルでALPINE[アルパイン]は、HDDナビではなく、あえてSDメモリーナビを車種別商品としてラインナップ致しました。
今までナビゲーションは、「HDD=高性能・高級モデル」、「メモリーナビ=安価モデル」とされてきました。
それなのに、なぜSDメモリーナビをフラッグシップモデルとしたのか。そこには、それぞれのメリットとデメリットがあるからなのです。

開発・部品コスト

HDDは近年、パソコンやHDDレコーダーなどの普及から、昔に比べると同じ価格でも、容量は大きく増え容量当たりの単価はずいぶん下がっております。
ただ、ナビゲーションで言いますと、地図容量は30GB〜40GB程度で収まっているのが現状です。
記憶容量としましても、著作権などの問題から、DVDをHDDに取り込むことは出来ないため、CDのみの録音。
現状でも4000枚程度録音できてしまうことから、容量がこれ以上大きくなる必要は無かったのです。

逆にSDメモリーは地図を記憶するSDカードが当初4GB程度だったのに対し、現在は16GBが主流で使われておりますので、HDDまではいきませんが、十分な容量を確保するに至っています。
もちろん音楽録音はもう一枚SDメモリーを用意する必要が御座いますが、十分なデータを保存する事が出来ます。

故障・リスクの低減

HDDはSDメモリーに較べると、
1.振動に弱い
2.ホコリに弱い
とされてきました。走行時の振動や、密閉された空間ゆえにホコリの舞いやすいとされるHDDは車室空間では不向きであると徐々に考えられ始めたのです。

また、万が一故障の起こった際、HDDを初期化する必要のある場合、音楽データが消えてしまう場合が御座います。
また、HDDに録音した音源は他のお車へ移動させたりが出来ませんが、SDカードですと、同型機種をお使いの場合は、SADカードを移動させることで音楽の持ち運びが可能になります。


起動の早さ

これはSDメモリーナビが発売された当初から言われておりましたが、HDDナビに比べて、SDメモリーナビは起動のスピードが早いのです。
これは、記憶領域が内部にあるか、外部にあるかに依ります。
HDDは内部にある為、エンジン始動時に全てのプログラムを起動させる必要があります。
他方SDメモリーは、記憶以外の部分のみが本体にあり、地図や音楽は、必要な時だけ読み込めばいいという性質に起因します。

例えばHDDナビをお使いの方で、目的地に向かう途中で、コンビニに立ち寄り。
再び車に乗って店を出たが、起動が遅かったため、曲がるべき道を通り越してしまった。
等の経験をされた事はありませんか。私は多々あります。
起動が早く、そういった心配が無いのがSDメモリーナビなのです。


HDDナビ、SDメモリーナビどちらを買うか

ここまで書けば、SDメモリーナビの方を進めているように思われるかもしれませんが、そうではありません。
現状では、地図容量がHDDナビの方が大きい為、地図の精度が高く「何丁目何番何号」と細かく行き先を設定出来たり、
街中の建物も、より細かい描写が入っていたりするので、実力が上という部分もあるのです。

そこでデイパークスでは、
@現時点での実力で購入を考えるならHDDナビゲーション
A価格や故障リスクで考えるなら、SDメモリーナビ
をお勧めいたします。

お気軽にお問い合わせください 〒566−0035 大阪府摂津市鶴野3-9-7 TEL072-635-1534 お問い合わせフォーム

ページの先頭へ